台湾・台東の金城武の木「もうすぐ退院」 日本人樹木医が4度目の診察

【社会】 2015/11/27 12:42 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台東 27日 中央社)昨年夏に台湾を直撃した台風によって“負傷”した「金城武の木」の愛称を持つ台東県池上郷のアカギの木が順調な回復をみせている。日本人樹木医の山下得男さんは26日、4度目の診察を実施。「もうすぐ退院だ」と声をもらすと、見物客から大きな拍手が起こった。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます