デング熱の新規感染者数、台南市で減少も高雄市は増加傾向に/台湾

【社会】 2015/10/12 12:03 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 12日 中央社)中央疫病指揮センターによると、11日の台湾全土におけるデング熱の新規感染者数は9月以来最低の263人にとどまった。地域別にみると、感染者数が最も多い台南市は前週同曜日比57人減の162人だったものの、高雄市は前週同曜日に比べ35人増加し98人になっており、同センターは高雄市の防疫対策を強化するとしている。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます