捕獲したイルカ解体の船長を送検 野生動物保育法違反で/台湾

【社会】 2015/06/11 15:13 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(花蓮 11日 中央社)海岸巡防署(海上保安庁に相当)の花蓮港安検所は10日、保護動物に指定されているイルカやサメを捕獲、解体したとして、宜蘭県蘇澳船籍の漁船「新海利66号」の船長を、野生動物保育法違反などで送検した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます