<MERS> 臨戦態勢の台湾 医療現場からは急患の増加に不安の声も

【社会】 2015/06/09 18:52 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 9日 中央社)韓国で中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルスへの感染が拡大しているのを受け、台湾はすでに全国9つの医療施設を対応病院に指定し、臨戦態勢を敷いている。台湾で現時点で感染者は確認されていないが、医療関係者からは実際に患者が発生した時の対応に不安を抱く声も上がっている。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます