鳥インフル被害拡大 台東県の養鶏場でも確認 台湾東部では初

【社会】 2015/02/02 18:47 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台東 2日 中央社)東部・台東県の動物防疫所は2日、先月台東市内の養鶏場で死んだニワトリから、高病原性鳥インフルエンザの「H5型」ウイルスが検出されたと発表した。西部で拡大する被害が中央山脈を越えて東部で見つかったのは今回が初めて。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます