海洋調査船が沈没 2人死亡、18人負傷/台湾・澎湖沖

【社会】 2014/10/11 12:40 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 11日 中央社)台湾海峡に浮かぶ澎湖島の南東沖で10日午後、台湾の海洋調査船「海研5号」(約2700トン)が沈没した。乗船していた45人のうち、2人の死亡が確認されたほか、18人の負傷者が出ている。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます