台湾若手監督らによる短編映画祭、台北・台中で同時開催 日本でも好評

【社会】 2014/08/05 16:08 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 5日 中央社)台湾ミニシネマの祭典「2014青春・未來影展(映像祭)」が7月から9月にかけて台北と台中を中心に催され、世界各国の新進気鋭の映像作家たちが手がけた自主制作映画37作品が上映されている。短編ながらも力強い表現と多彩な内容で、一部は先月京都やマカオで開催された映像イベントでも披露され、好評を博した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます