違法操業容疑で拘束の台湾人船長、釈放へ 日本への担保金支払いで

【社会】 2013/11/15 18:59 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(宜蘭 15日 中央社)宜蘭県・蘇澳区漁協は15日、今月初めに越境操業の疑いで日本側に拿捕された同県船籍の漁船「春何豊166号」の簡連春船長(59)について、船主がすでに担保金を支払ったことから同日午後にも釈放される見通しだと述べた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます