日本統治時代以来の鉄道車両基地、台北市の文化財に

【社会】 2013/01/15 19:45 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 15日 中央社)台北市街東部・信義区にある台湾鉄路管理局(台鉄)の車両基地「台北機廠」が今月末、台湾高速鉄道の路線拡張にともない、80年近くの歴史に幕を閉じることになっているが、16.86ヘクタールに及ぶ敷地内の組立工場やボイラー室などが先頃、市の有形文化財に指定され、一般公開されることになった。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます