スロバキア、台湾にワクチン16万回分 当初発表より大幅増 総統府が謝意

【政治】 2021/09/26 12:44 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
スロバキア、台湾にワクチン16万回分 当初発表より大幅増 総統府が謝意

スロバキア、台湾にワクチン16万回分 当初発表より大幅増 総統府が謝意

(台北、桃園空港中央社)中欧スロバキアから提供された新型コロナウイルスワクチンが26日午前、台湾に到着した。英アストラゼネカ製16万回分で、当初発表された1万回分より大幅に引き上げられた。総統府は報道資料で心からの感謝の意を示し、スロバキアが台湾と協力して共にウイルスと闘う貴重な友情の証しだとした。

スロバキア政府は7月中旬、台湾へのワクチン提供を発表。昨年、台湾は中央政府や高雄市政府から同国へ合わせて70万枚の医療用マスクを贈っており、ワクチンはこれへの返礼だとしていた。ワクチンに加え、同国企業から防護服も台湾に贈られるという。

総統府の張惇涵(ちょうじゅんかん)報道官は報道資料で、ウイルスと闘う国際的な協力において、台湾と中欧、東欧の国々の友好関係は深化していると言及。リトアニア、チェコ、ポーランド、スロバキアから台湾に贈られたワクチンの合計は84万回分に達したとし、ワクチン接種率や社会全体の防御力の向上に寄与したと感謝した。

また、台湾とスロバキアは堅い基礎に基づき、各領域における協力関係を引き続き深めていくとしたほか、中欧や東欧の国々との関係も強化していく姿勢を示した。

(葉素萍、呉睿騏/編集:楊千慧)