国慶節メインビジュアル公開 交わる6本の線で「自由」や「民主主義」象徴/台湾

【政治】 2021/09/08 12:44 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
今年の双十国慶節のメインビジュアル=中華民国賛国慶のフェイスブックから

今年の双十国慶節のメインビジュアル=中華民国賛国慶のフェイスブックから

(台北中央社)10月10日の双十国慶節(中華民国の建国記念日)を前に、関連行事の準備委員会は8日、今年のメインビジュアルを公開した。「金陽双十」と題し、交わり合う6本の線で民主主義や自由、平等、人権、希望、平和を表現し、挑戦を恐れない台湾人に敬意を表する。

今年の国慶節関連行事は「民主主義大連盟 世界が友達になる」のスローガンを主軸とする。メインビジュアルは金色をメインカラーとし、優雅さや情熱、貴重さを表現。アクセントカラーとして、揺るぎなさや信念、勇敢さを示す「台湾レッド」、自由や希望、平和を表す「民主グリーン」を用いた線をあしらった。

準備委は、民主主義と自由は台湾人の安全を守り、インド太平洋地域の安定を維持するとともに、世界の経済・貿易ネットワークを構築したと言及。「この共同の価値観によって、世界で同じように自由を切望する仲間たちを緊密に結び付け、喜んで助け合い、友好的に支え合う共同体にした」とスローガンに込めた思いを説明した。

(頼于榛/編集:名切千絵)