台湾、国産ワクチンの接種開始 蔡総統が自ら接種でPR

【政治】 2021/08/23 13:53 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
台湾、国産ワクチンの接種開始 蔡総統が自ら接種でPR

台湾、国産ワクチンの接種開始 蔡総統が自ら接種でPR

(台北中央社)台湾のワクチンメーカー、メディゲン・ワクチン・バイオロジクス(高端疫苗生物製剤)製の新型コロナウイルスワクチンの接種が23日、始まった。蔡英文(さいえいぶん)総統は同日朝、台北市の台湾大学医学部附設医院体育館で同ワクチンを接種し、国産ワクチンをPRした。

蔡総統の接種の様子はフェイスブックでライブ配信された。蔡総統はワクチンを打ち終えると、周りの医療スタッフに「何ともないですね」と話し、メディアからの「大丈夫ですか」との問いかけに、「OK」のジェスチャーで応答した。また、黄色の接種記録カードを受け取ると、親指を立ててポーズを取り、安全性をアピールした。

中央感染症指揮センターによれば、高端製ワクチンは23日から29日にかけて第1期の接種が行われ、約60万人が予約した。

(陳婕翎、張茗喧/編集:名切千絵)