台湾の戦闘機、代表選手を乗せた旅客機を空中でお出迎え 謝意を示す

【政治】 2021/08/04 18:42 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
4日夕、桃園国際空港に到着した東京五輪バドミントン男子ダブルス金メダリストの李洋(左)、王斉麟(右)、同女子シングルス銀メダリストの戴資穎(中央)

4日夕、桃園国際空港に到着した東京五輪バドミントン男子ダブルス金メダリストの李洋(左)、王斉麟(右)、同女子シングルス銀メダリストの戴資穎(中央)

(台北中央社)東京五輪のバドミントン男子ダブルスで金メダルに輝いた王斉麟選手や李洋選手らを乗せた旅客機が4日夕、桃園国際空港に到着した。台湾の防空識別圏では空軍のミラージュ2000戦闘機4機が旅客機を出迎え、並んで飛行した。国防部(国防省)は、戦闘機を並走させたのはスポーツイベントに対する政府と国民の支持を示し、選手団全員に感謝を示すためだと説明した。

王、李両選手のほか、バドミントン女子シングルスで銀メダルを獲得した戴資穎選手ら代表選手5人は同日午後5時5分ごろ、チャイナエアライン(中華航空)101便で台湾に戻った。ミラージュ2000は同便と並走しながら熱源体「フレア」を発射し、選手を歓迎した。

台湾選手団が今大会で獲得したメダルは4日現在、史上最多の11個となっている。国防部は、台湾勢が好成績を収めた2018年のアジア大会の例に倣って国のヒーローたちを出迎えるよう蔡英文(さいえいぶん)総統から指示を受けたとし、選手を出迎えることができたのは「国軍の栄誉だ」とした。

(游凱翔/編集:名切千絵)