余ったワクチンを有効活用 台湾、キャンセル待ちの登録可能に

【政治】 2021/06/25 17:13 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
余ったワクチンを有効活用 台湾、キャンセル待ちの登録可能に=資料写真

余ったワクチンを有効活用 台湾、キャンセル待ちの登録可能に=資料写真

(台北中央社)中央感染症指揮センターは25日、直前キャンセルなどで余った新型コロナウイルスワクチンについて、破棄処分を減らすため、ワクチン接種を実施する各機関がキャンセル待ちの登録受付を行うことに同意したと発表した。18歳以上であれば、優先接種対象に入っていない人も申し込みできる。指揮センターは各機関に対し、キャンセル待ちの受付を開始するよう求めた。

指揮センターの陳宗彦副指揮官が25日午前の記者会見で説明した。キャンセル待ちは、指揮センターが発表している優先接種の資格を持つ人を優先とするものの、優先対象者以外も予約できる。ワクチンは1瓶で少なくとも10回分の接種が可能で、キャンセル待ちに回す分は、当日の最後の1瓶の余剰分に限る。

指揮センターは、事前にキャンセル待ちリストを作成するよう接種を行う各機関に求めた。

(江慧珺、張茗喧/編集:名切千絵)