謝駐日代表、茨城県笠間市と千葉県銚子市を訪問 給食用にバナナ贈呈/台湾

【政治】 2021/06/19 13:13 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
台湾産バナナを食べて喜ぶ笠間市立宍戸小の児童ら

台湾産バナナを食べて喜ぶ笠間市立宍戸小の児童ら

(茨城、千葉中央社)謝長廷(しゃちょうてい)駐日代表(大使に相当)は18日、東京五輪・パラリンピックで台湾のホストタウンとして登録されている茨城県笠間市と千葉県銚子市を訪問し、学校給食用に台湾産バナナを贈呈した。

同日午前、茨城県庁に大井川和彦知事を表敬訪問し、東京五輪を支持する台湾の姿勢を伝えた謝氏。その後、バナナ300本を寄贈した笠間市の宍戸小学校で中華民国(台湾)の国旗を手にした児童らの温かい歓迎を受け、同行した山口伸樹笠間市長と共に学校給食を味わった。

同校で行われたバナナ贈呈式では、謝氏が、新型コロナウイルスの影響で台湾代表選手の事前合宿は見送られるが、笠間市との縁を大切にし、五輪後も交流を深めたいとあいさつ。山口氏は、台湾の人々がコロナ収束後に同市を訪れ、相互交流が深まることに期待を寄せた。

この日の給食で、贈られたバナナを食べた子どもたちは、「おいしい、また食べたい」、「1本じゃ物足りない。2~3本食べたい」と口々に称賛。6年生の児童が台湾の歴史や自然、有名人などについて調べた成果を発表する場も設けられた。

千葉県銚子市にはバナナ500本が寄贈された。同日午後に贈呈式が行われ、越川信一市長が、日本の児童に人気の「バナナくん体操」の歌詞を披露するなどして親交を深めた。

(楊明珠/編集:塚越西穂)