陸軍、澎湖で実弾射撃演習 堅実な戦力示す/台湾

【政治】 2021/06/17 17:41 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
澎湖で行われた火砲の実弾射撃訓練=軍事新聞通訊社提供

澎湖で行われた火砲の実弾射撃訓練=軍事新聞通訊社提供

(台北中央社)陸軍澎湖防衛指揮部は16日、離島・澎湖県で、火砲の実弾射撃訓練を行った。国防部(国防省)傘下の通信社、軍事新聞通訊社が17日、報じた。中国軍の軍用機が台湾の防空識別圏に連日進入する中、訓練の成果と堅実な戦力を示すことで、新型コロナウイルスの感染が広まる中でも戦力に影響がないことを確認した。

(游凱翔/編集:名切千絵)