米議員、中国の台湾侵攻防ぐ「台湾防衛法案」を再提出

【政治】 2021/06/17 14:07 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
米議員、中国の台湾侵攻防ぐ「台湾防衛法案」を再提出

米議員、中国の台湾侵攻防ぐ「台湾防衛法案」を再提出

(ワシントン中央社)複数の米議員が16日、中国による台湾侵攻や領有の既成事実化を阻止できる軍事力の維持を米軍に求める「台湾防衛法案」を上下院に改めて提出した。発起人の一人、ジョシュ・ホーリー上院議員(共和党)は報道資料で、「中国共産党はインド太平洋地域を支配することを望んでいる」と指摘し、「北京当局の思い通りにはさせられない」と強調した。

同法案は、ホーリー氏や上院のジョン・コーニン氏、下院のマイク・ギャラガー氏ら複数の共和党議員が昨年、それぞれ上下院に提出したが、立法化には至らなかった。

報道資料に名を連ねたギャラガー氏は、中国が6年以内に台湾を侵略する可能性を米政府高官が示唆したと言及し、台湾の自由が米国の安全保障にとって非常に重要だとの認識を示した。

(江今葉/編集:塚越西穂)