EU、台湾を入域制限解除国リストに追加へ 観光局「喜ばしい」

【政治】 2021/06/17 12:39 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
ブリュッセルのグラン・プラス

ブリュッセルのグラン・プラス

(ブリュッセル、台北中央社)欧州連合(EU)加盟国は16日、EU域内への不要不急な渡航を認める国・地域のリストに台湾を追加することで合意した。EUの官僚が中央社の取材に明らかにした。18日に正式に発表される見通し。

これに対して交通部(交通省)観光局は、EUが台湾をリストに入れることは「喜ばしい」とし、好意的な見方を示した。

EUは新型コロナウイルス対策として、一部の指定国を除き、域外からの不要不急の入域を制限するよう加盟国に求めている。現時点で入域制限解除国に指定されているのは、オーストラリア、イスラエル、日本、ニュージーランド、ルワンダ、シンガポール、韓国、タイ、中国(香港、マカオを含む)。中国に関しては、EUとの相互主義に同意することが条件とされている。リストは各国の感染状況などに応じて見直される。

(唐佩君、余曉涵/編集:名切千絵)