コロナ特別予算、上限3兆円超に 行政院、6月3日に救済策具体案発表へ/台湾

【政治】 2021/05/31 15:46 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
議場内の様子=資料写真

議場内の様子=資料写真

(台北中央社)新型コロナウイルスの国内感染拡大を受け、立法院(国会)で31日、特別法の改正案が可決され、特別予算の上限が8400億台湾元(約3兆3300億円)に引き上げられた。行政院(内閣)は6月3日に特別予算案を立法院に送る方針で、経済救済策の具体案についても発表するとしている。

特別予算の上限はこれまでにも何度か引き上げられており、行政院院会(閣議)は今月13日には6300億元(約2兆5100億円)への増額を決定していた。だが感染がさらに拡大し、19日には新型コロナの警戒レベルが台湾全土で引き上げられた。これを受け、経済救済策の規模拡大が必要とされ、2100億元(約8400億円)追加された。

(范正祥、陳俊華/編集:楊千慧)