台湾、2022年の休日115日 旧正月は9連休

【政治】 2021/05/28 16:07 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
台湾、2022年の休日115日 旧正月は9連休

(台北中央社)行政院(内閣)人事行政総処は28日、2022年の行政機関の執務カレンダーを公表した。年間休日数は今年より1日少ない115日で、旧正月(春節)の連休は今年より2日間長い9日間となる。

来年の旧暦1月1日は2月1日。旧正月に伴う連休は1月29日(土)から2月6日(日)までとなる。2月4日(金)を休日とするため、1月22日(土)は振替出勤日に設定される。

その他の3日以上の連休は次の通り。開国記念日=2021年12月31日~2022年1月2日▽平和記念日=2月26日~28日▽児童節・清明節=4月2日~5日▽端午節=6月3日~5日▽中秋節=9月9日~11日▽国慶節=10月8日~10日。4連休が1回、3連休が5回となっている。

(頼于榛/編集:名切千絵)