台湾参加、WHO総会で議題に採用されず 外交部、支持表明の国交国に感謝

【政治】 2021/05/25 13:45 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
台湾参加、WHO総会で議題に採用されず=写真はtwitter.com/WHOから

台湾参加、WHO総会で議題に採用されず=写真はtwitter.com/WHOから

(ブリュッセル、台北中央社)24日にオンライン形式で開幕した世界保健機関(WHO)総会で、台湾の参加は議題として採用されなかった。外交関係を持つ13カ国が提案を行っていた上、中国との「2対2の弁論」で、国交樹立国が議題に加えるよう訴えたが中国が反対した。

外交部(外務省)は25日、報道資料を出し、マーシャル諸島、セントクリストファー・ネビス、ナウル、エスワティニが2対2の弁論で台湾のために声を上げたとして心からの謝意を表明。また、新型コロナウイルスの感染が広がる中、国際的な連携こそが防疫成功の鍵だとし、台湾のオブザーバー参加を認めるよう改めて求めた。

(鍾佑貞、唐佩君、戴雅真、陳韻聿/編集:楊千慧)