米韓首脳、共同声明で「台湾海峡の重要性」明記 外交部「心から歓迎、感謝」

【政治】 2021/05/22 15:44 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
米韓首脳、共同声明で「台湾海峡の重要性」明記  外交部「心から歓迎、感謝」

(台北中央社)米韓首脳会談の共同声明に「台湾海峡の平和と安定の重要性」の文言が盛り込まれたのを受け、外交部(外務省)は22日、米韓両政府が台湾周辺の安全保障に関心を寄せていることに「心からの歓迎と感謝」を表明した。

外交部によれば、バイデン政権下で米国と同盟国が共同声明で台湾海峡に言及したのは、先月に発表された日米首脳会談の共同声明と今月初旬に英ロンドンで開かれた先進7カ国(G7)外相会合に次いで3度目。

同部は、台湾は東アジアの「第1列島線」の要衝に位置し、地域の安定、繁栄の鍵となる役割を担っているとした上で、バイデン政権は発足後、台湾への支持や台湾海峡の平和、安定を重視する姿勢を明確に示していると指摘。既存の良好な基礎の上で、引き続き米国や理念を近くする国々と密接に協力し合い、共にインド太平洋地域の平和、安定、繁栄を守っていくとする台湾の姿勢を強調した。

(鍾佑貞/編集:塚越西穂)