行政院長「偽情報の拡散はやめて」=違反者には罰金最大1100万円超/台湾

【政治】 2021/05/18 11:43 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
蘇貞昌行政院長

蘇貞昌行政院長

(台北中央社)蘇貞昌(そていしょう)行政院長(首相)は17日、フェイスブックで、新型コロナウイルスに関する偽情報を拡散しないよう国民に呼び掛けた。デマや不正確な情報を拡散させた場合、感染症防止法や新型コロナ特別条例に基づき、3年以下の懲役、拘留または300万台湾元(約1170万円)以下の罰金が科される。

蘇院長は、無料通信アプリ「LINE」を利用した衛生福利部(保健省)疾病管制署の公式アカウント「疾管家」などを確認するなど、行政機関の情報を積極的に共有するよう求めた。

台北市警察局は16日、「錦州街のガチョウ料理店の店員が感染した。店に行かないように」との偽情報を流したとして、60代の女ら3人を書類送検したと発表した。

(黄麗芸/編集:名切千絵)