台湾の国産ワクチン、「7月末に供給開始」=蔡総統

【政治】 2021/05/13 20:58 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
蔡英文総統

蔡英文総統

(台北中央社)蔡英文(さいえいぶん)総統は13日夜、台北市の総統府で談話を発表し、国産の新型コロナウイルスワクチンについて「臨床試験の第2段階が終わろうとしているところだ」と指摘し、7月末から供給が始まる見通しを示した。

談話は、新型コロナの感染拡大を受けて開かれた「国家安全上層部会議」の終了後に行われた。

台湾ではここ数日、複数のクラスターが確認され、国内感染者が急増している。蔡総統は、中央感染症指揮センターに感染源の早期特定を求め、国民に対しては「気を緩めてはいけない」とし、防疫対策の徹底や強化を呼び掛けた。

(編集:羅友辰)