台湾原子力相、処理水「飲むのに適さない」=麻生副総理の発言受け

【政治】 2021/04/21 13:13 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北中央社)行政院(内閣)原子能委員会(原子力委員会)の謝暁星(しゃぎょうせい)主任委員(閣僚)は21日、東京電力福島第1原子力発電所の処理水について、飲むのに適さないとの見解を示した。麻生太郎副総理兼財務大臣の発言に関し、報道陣からコメントを求められた際に述べた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます