台湾海峡の緊張高まる 呉外相「国民は自国守る決意を」

【政治】 2021/04/08 15:27 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
呉釗燮外交部長

呉釗燮外交部長

(台北中央社)中国の軍事的圧力が強まっていることについて、呉釗燮(ごしょうしょう)外交部長(外相)は8日、立法院(国会)で報道陣の取材に応じ、政府には敵情視察の責任があるが、それより大切なのは、国民が自国を守る決意を持つことだと強調した。

中国は台湾周辺海空域での軍事活動を活発化させており、4月に入ってからは、軍用機がほぼ毎日、台湾の防空識別圏(ADIZ)に進入しているほか、空母艦隊が演習を行ったことも明らかになっている。

(鍾佑貞/編集:塚越西穂)