列車脱線 被害者支援募金に2億円超 蔡総統、所得1カ月分を寄付/台湾

【政治】 2021/04/05 19:04 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
脱線事故現場で行われる車両の搬出作業(4月3日撮影)

脱線事故現場で行われる車両の搬出作業(4月3日撮影)

(台北中央社)東部・花蓮で2日発生した列車脱線事故で、衛生福利部(保健省)は5日、犠牲者遺族や負傷者の支援を目的に開設した募金への寄付金が5日までに6000万台湾元(約2億3250万円)を超えたと発表した。寄付金は被害者の医療やリハビリテーション、経済的支援、社会再建などに使うとしている。

総統府の張惇涵(ちょうじゅんかん)報道官は5日、蔡英文(さいえいぶん)総統や頼清徳(らいせいとく)副総統、蘇貞昌(そていしょう)行政院長(首相)の3氏がそれぞれ個人名義で、1カ月分の所得を衛生福利部の募金に寄付すると発表した。張報道官は、政府各部門は全力で負傷者や犠牲者遺族に協力し、最大限支援すると述べた。

衛生福利部は国内では郵便局や銀行、コンビニエンスストアのマルチメディア端末、決済アプリ「Line Pay」を通じて寄付を受け付けている。

海外からも寄付が可能。海外から寄付する場合の振込先は以下の通り。

BANK NAME : MEGA INTERNATIONAL COMMERCIAL BANK CO., LTD.▽BANK ADDRESS : NO.100, CHI-LIN RD. TAIPEI CITY, TAIWAN▽ACCOUNT NUMBER : 007-09-11868-0▽SWIFT CODE:ICBCTWTP007▽BENEFICIARY’S NAME:MINISTRY OF HEALTH AND WELFARE DONATION A/C

(許秩維、葉素萍/編集:名切千絵)