パラオ大統領、対台湾関係重視 「友人を選ぶ自由がある」=インタビュー

【政治】 2021/03/23 13:01 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
リモートで中央社の単独インタビューに応じるパラオのウィップス大統領

リモートで中央社の単独インタビューに応じるパラオのウィップス大統領

(シンガポール中央社)中華民国(台湾)と外交関係を結ぶ太平洋の島国パラオのスランゲル・ウィップス大統領は22日、リモートで中央社の単独インタビューに応じ、台湾との関係を重視する姿勢を強調した。ウィップス氏は28日から来月1日までの日程で訪台する。台湾滞在中にはパラオ観光をPRするほか、蔡英文(さいえいぶん)総統と会談する予定。今回の台湾訪問は大統領就任後初の外国訪問となる。

ウィップス氏は中国が太平洋での勢力を拡張させていることについて、パラオは民主主義国家であり、「価値観を共有する国家と緊密な関係を維持することは極めて重要だ」と言及。その上で、台湾という堅実なパートナーがいるのは幸運で「この関係を引き続き強化させていきたい。これは疑う余地のないことだ」と述べた。

ウィップス氏は昨年11月の大統領選で当選を果たし、今年1月に大統領に就任した。当選後、北京から接触があったものの、「われわれには友人を選ぶ自由がある。誰と友達になっていけないと言うことは誰にもできない」と返答したことを明かした。台湾との関係を重視する姿勢を示し、「この関係を断つべきだと命じることは誰にもできない」と強調した。

台湾とパラオは17日、観光往来を再開させる枠組み「トラベルバブル」の始動を発表。来月1日に台湾からパラオを訪れるツアー第1陣が出発する。

ウィップス氏によれば、訪台の主な目的はトラベルバブルの推進。観光と医療分野での連携促進を目指す。また、台湾からの旅行者が年間10万人にまで増加することに期待を寄せた。パラオ政府の統計によれば、台湾からパラオを訪れる旅行者は2015年から2019年までの5年では年間約1万~1万5000人にとどまっている。

ウィップス氏は来月1日、台湾を出発するトラベルバブルの第1便に搭乗し、台湾人客と共にパラオに戻る。

(侯姿瑩/編集:名切千絵)