国産ワクチン 総統府「開発成功後には総統が実際の行動で支持」/台湾

【政治】 2021/03/22 16:45 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
総統府の張惇涵報道官

総統府の張惇涵報道官

(台北中央社)総統府の張惇涵(ちょうじゅんかん)報道官は22日、台湾で開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、「開発が成功すれば、総統と副総統はもちろん実際の行動で国産ワクチンを支持する用意がある」と述べ、蔡英文(さいえいぶん)総統と頼清徳(らいせいとく)副総統が国産ワクチンを接種する方針であることを示唆した。

台湾では、メディゲン・ワクチン・バイオロジクス(高端疫苗生物製剤)とUBIアジア(聯亜生技開発)がワクチンの開発を進めている。いずれもフェーズ2(第2相)の臨床試験(治験)に入っている。陳時中(ちんじちゅう)衛生福利部長(保健相)は今月5日、国産ワクチンが7月にも量産可能だとする見通しを明らかにした。

(葉素萍/編集:名切千絵)