東日本大震災10年 台湾からメッセージ続々 蔡総統や頼副総統、外交部も

【政治】 2021/03/11 17:31 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
「奈良美智特展」の開幕式であいさつする蔡総統=2021年3月11日、台北市

「奈良美智特展」の開幕式であいさつする蔡総統=2021年3月11日、台北市

(台北中央社)東日本大震災から10年となった11日、台湾では、蔡英文(さいえいぶん)総統や頼清徳(らいせいとく)副総統、外交部(外務省)などが相次いで、日本語のメッセージをSNS(交流サイト)で発信した。

蔡氏はツイッターに「十年が経ちましたが、その間台日一緒にさまざまな困難を乗り越え、その絆はますます強まっていると思います」とつづり、犠牲者の冥福を祈るとともに、コロナ禍の早期収束や東京五輪の順調な開催、自由な相互往来の再開を願った。

頼氏もツイッターを通じ、地震の多い台湾に暮らす者として、東日本大震災を「自分のことのように感じました」と振り返り、「皆さんは孤独ではありません。私達がずっとそばにいますから」とエールを送った。

外交部は公式フェイスブックに10年間の台日友情に思いをはせる文章を投稿。未曽有の試練に遭遇しながらも立ち上がり、前向きに復興に取り組む日本の人々の姿を「称賛と敬服にあたいする」とたたえ、「生きていれば、また進んでいけます」と励ましの言葉を掛けた。同部のフェイスブックとツイッターでは、台湾の人々の日本に対する思いや祈り、応援メッセージなどを伝える記念動画も公開されている。

(編集:塚越西穂)