欧州13カ国またぐ親台派議連、ツイッター開設 呉外相「国境越えた友情」

【政治】 2021/03/02 16:46 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
フォルモサクラブの公式ツイッターから

フォルモサクラブの公式ツイッターから

(ブリュッセル中央社)台湾と欧州の関係を強化し、台湾と世界をつなぐことを目指す欧州の議員連盟「フォルモサクラブ」の公式ツイッターアカウントが1日、開設された。同日同アカウントにメッセージ動画が公開された呉釗燮(ごしょうしょう)外交部長(外相)は、「国境を越えた友情」と感謝し、台湾に関する議題がこの場でリアルタイムに議論されることに期待を示した。

フォルモサクラブは、欧州議会やドイツ、フランス、英国の親台派議員グループの提唱によって2019年10月に欧州議会内で設立された、台湾支持のためのプラットフォーム。これまでに世界保健機関(WHO)事務局長に台湾の参加を求める書簡を送るなど、台湾の国際参加を支持する取り組みを行ってきた。現在はベルギー、チェコ、エストニア、アイルランド、イタリア、リトアニア、ポーランド、ポルトガル、スロバキア、スウェーデンも加入している。

同アカウントに祝賀メッセージを寄せたフランスのフランソワ・ドルジ議員は、「フランスと台湾が共有する民主主義の価値観を守る大切なプラットフォームになると固く信じる」と、アカウントが持つ役割に期待を示した。また、ベルギーのジョージズ・ダルマーニュ議員は、欧州も台湾と同様、「中国の脅威に直面している」と強調し、台湾との協力関係強化の必要性を訴えた。

(唐佩君/編集:塚越西穂)