蔡総統、年間王者の統一選手らと面会 昨シーズンの活躍ねぎらう/台湾野球

【政治】 2021/02/23 12:52 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
統一ライオンズの選手と拱手(こうしゅ)であいさつする蔡総統

統一ライオンズの選手と拱手(こうしゅ)であいさつする蔡総統

(台北中央社)蔡英文(さいえいぶん)総統は22日、台湾プロ野球の年間王者を決める台湾シリーズで昨年優勝した統一ライオンズの選手やチアリーダー、関係者らと総統府で面会した。蔡総統は選手一人一人と拱手(こうしゅ)であいさつし、昨シーズンの活躍をねぎらった。

来月開幕する21年シーズンから5チーム目の球団として味全ドラゴンズが参入する台湾プロ野球。蔡総統はあいさつで、今年1月に中華職業棒球大聯盟(CPBL)の新会長に就任した蔡其昌(さいきしょう)立法院副院長(国会副議長)が球場の視察を積極的に行い、6つ目の球団設立に向けて働きかけを行っていることに触れ、「台湾プロ野球の前進の歩みがますます速くなることを信じている。一緒に頑張りましょう」とエールを送った。

(葉素萍、謝静雯/編集:名切千絵)