蔡総統、院内感染巡りコメント「無知と差別は良薬でない」団結呼び掛け

【政治】 2021/01/22 13:42 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北中央社)北部・桃園市の病院で発生した新型コロナウイルスの院内感染をきっかけに国内感染者が増えたのを受け、一部の省庁や地方自治体では、同市との往来を敬遠する動きが出ている。蔡英文(さいえいぶん)総統は21日、フェイスブックで「無知と差別は決して防疫の良薬ではない」と強調し、「われわれの唯一の敵はウイルスだ」とつづって国民の団結を呼び掛けた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます