蔡総統、訪台中止の米国連大使とオンライン対談 台湾の国際参加拡大へ意見交換

【政治】 2021/01/14 16:34 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北中央社)蔡英文(さいえいぶん)総統が14日、訪台が中止となったケリー・クラフト米国連大使とオンライン対談した。総統府が報道資料で明らかにした。蔡氏は、クラフト氏と台湾で対面できる日が来ることに期待を示すとともに、引き続き国連や関連会議などへの参加を目指す姿勢を強調し、米国の支持を求めたという。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます