米国務省、高官と蕭駐米代表の面会を日程表に記載 台湾と交流制限撤廃で

【政治】 2021/01/12 14:05 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(ワシントン、ブリュッセル中央社)米国務省のクラーク・クーパー次官補(政治軍事問題担当)は11日午前、蕭美琴駐米代表(大使に相当)と面会した。国務省は9日に台湾との交流において自主的に設けていた制限を撤廃すると発表したばかりで、両者の面会については国務省が公開している日程表に記載された。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます