蔡総統、世界の民主陣営に結束呼び掛け 「香港の自由失わせないで」/台湾

【政治】 2021/01/07 13:40 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
蔡英文総統

蔡英文総統

(台北中央社)香港で6日、民主派の前議員ら50人以上が逮捕されたのを受け、蔡英文(さいえいぶん)総統は同日、フェイスブックを更新して「今この時、台湾は後に引かず、普遍的価値のために身を挺す」とつづり、共に香港を支援し声を上げようと、世界の民主主義陣営に結束を呼び掛けた。

蔡氏は、改革・開放政策にかじを切って以来、中国は世界にさまざまな約束をしてきたが、この1年余りでその誠意に疑問を抱く人が増加したと指摘。民主派の大量逮捕は、香港は返還後50年間不変とする約束をほごにしたことだとし、言葉に実行が伴わないのであれば国際社会の善意や理解は期待できないと強調した。

その上で、民主主義陣営の第一線にある台湾は、北京当局の態度や香港への圧力をじかに感じ取っていると記し、「香港に残されたわずかな自由の空気をみすみす消失させてはならない」と訴えた。

頼清徳(らいせいとく)副総統も同日、フェイスブックを通じてコメントを発表。香港でいかなる民主主義、自由の火種が育つのも許さない中国当局の姿勢を物語っていると非難し、蔡総統に呼応して香港のために声を上げるよう国民に呼び掛けた。

(温貴香/編集:塚越西穂)