蔡総統、「国際社会の絶え間ない支持に感謝」 新年演説/台湾

【政治】 2021/01/01 17:00 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
総統府で新年の演説を行う蔡総統

総統府で新年の演説を行う蔡総統

(台北中央社)蔡英文(さいえいぶん)総統は元日の1日、総統府で新年の演説を行った。国際社会に向けた発言は英語で行い、「台湾に対する国際社会の絶え間ない支持に深く感謝する」と述べた。蔡総統が新年の演説で英語を用いるのは初めて。

蔡総統は演説の終盤で国際社会に向けて英語でメッセージを伝えた。新型コロナウイルスによってもたらされた挑戦において、「われわれは『Taiwan can help』(台湾は手助けできる)を繰り返し示してきた」とした上で、「われわれは世界の善良な力として、今も未来も国際社会に不可欠な一員であり続ける」とアピール。地域や世界の困難な挑戦に立ち向かう時、国際社会の支持は「自由を愛する2300万の台湾の人々にとって重要であり、われわれの民主主義はみなさんの支持のおかげでより強くなる」と感謝した。

中国語演説では両岸(台湾と中国)関係にも言及。「われわれはやみくもには進まないし、原則を固く守る」と強調し、「対立を解消し、両岸関係を改善する気が北京当局にありさえすれば、対等、尊厳の原則の下で、われわれは喜んで有意義な対話を共に行っていく」と中国に呼び掛けた。

(余祥、温貴香/編集:名切千絵)