台湾のコロナ対策、情報公開で「中国に差をつけた」=蘇行政院長

【政治】 2020/12/30 18:52 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北中央社)蘇貞昌(そていしょう)行政院長(首相)は30日、台湾の新型コロナウイルス対策について、情報の公開が成功の鍵となり、一方的で強引な方法を用いた中国に「差をつけた」と述べ、台湾の一員であることを誇りに思うと称賛した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます