外国人入国禁止 台湾人の配偶者や未成年の子供、ビジネス客らは対象外

【政治】 2020/12/30 16:53 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北中央社)台湾は来年1月1日から、外国人の入国を原則的に禁止する。外国人のうち、居留証(ARC)所持者やビジネス客、台湾人の配偶者・未成年の子供などは例外とされ、引き続き入国できる。期間は1カ月間の予定で、感染状況などに応じて調整するとしている。台湾での乗り継ぎも元日から見合わせる。中央感染症指揮センターが30日、発表した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます