米国、台湾への戦地情報通信システム売却を承認 トランプ政権下で11度目

【政治】 2020/12/08 13:35 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
米国、台湾への戦地情報通信システム売却を承認 トランプ政権下で11度目

米国、台湾への戦地情報通信システム売却を承認 トランプ政権下で11度目

(ワシントン、台北中央社)米政府は7日、台湾への戦地情報通信システムと関連装備の売却を承認し、議会に通知した。総額は推定2億8000万米ドル(約291億円)。台湾への武器売却承認は今年6度目で、トランプ政権下では11度目となる。米国防安全保障協力局(DSCA)が同日発表した。

売却されるのはノード154個、通信用リレー24個、ネットワーク管理システム8つ、プログラム管理支援、人材育成など。DSCAはこの武器売却について、機動性と安全性を備えた通信手段を提供するのが目的であり、任務と軍事行動における台湾のニーズを支援し、軍事通信能力を現代化させるという台湾側の目標に貢献するものだと説明した。

DSCAは、武器売却は米台関係の基礎となる「台湾関係法」に基づくものだと言及。国軍の現代化や信頼できる防衛力の維持に向けた台湾の努力を支援することは米国の国家や経済、安全保障上の利益に合致すると強調した。

総統府の張惇涵(ちょうじゅんかん)報道官は8日、米政府が台湾の自己防衛力強化支援を深く重視していることに感謝を表明した上で、今回の武器供与は米政府が具体的な行動によって「台湾関係法」と「6つの保障」の約束を着実に実行していることを改めて示すものだと言及。台湾は堅実な国防で米国や理念の近い国家と安全保障のパートナー関係を引き続き深化させ、インド太平洋地域の平和と安定、繁栄と発展を守る善良な力になると述べた。

(江今葉、温貴香/編集:名切千絵)