TPP参加目指す台湾 日本の関心は食品輸入問題 担当閣僚「把握している」

【政治】 2020/11/20 16:12 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北中央社)行政院(内閣)の鄧振中政務委員(無任所大臣に相当)は19日、中央社の単独取材に応じ、台湾が参加を目指す環太平洋経済連携協定(TPP)について、台湾が福島など5県産食品の禁輸を継続していることに対して日本側が関心を払っているのは「もちろん知っている」と述べた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます