ロシア軍艦3隻、台湾東部の海域を通過 国軍「基地に戻るため」との見方

【政治】 2020/09/22 17:02 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
ロシア軍艦3隻、台湾東部の海域を通過 国軍「基地に戻るため」との見方

ロシア軍艦3隻、台湾東部の海域を通過 国軍「基地に戻るため」との見方

(台東中央社)国軍当局者は、ロシアの軍艦3隻が21日夜、東部の離島・蘭嶼沖を北に向けて航行したと明らかにした。軍は航路から、基地に戻る際に通過したとみている。国防部(国防省)の史順文報道官は22日、台湾海峡周辺の海空域の状況は全て把握していると述べた。

軍当局者によれば、ロシア軍艦は21日午後7時ごろに台湾最南端ガランピ(鵝鑾鼻)の南約58カイリ(約107キロ)のバシー海峡に姿を見せ、北東に向けて航行。蘭嶼から約10カイリ(約18.5キロ)の位置まで近づき、東部・花蓮沖に向かって航行した。

(盧太城/編集:名切千絵)