F16戦闘機の整備拠点、台中に設立 蔡英文総統「航空優勢を確保」/台湾

【政治】 2020/08/28 13:27 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台中中央社)空軍に配備されているF16戦闘機の機体を整備する拠点が中部・台中市の漢翔航空工業沙鹿工場に構築され、同所で28日、設立式典が開かれた。式典に出席した蔡英文(さいえいぶん)総統は、戦闘機の整備に要する時間の大幅な短縮や可用性の大幅な向上につながるとし、国防の前線となる航空優勢の確保に自信をみせた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます