台湾が自主建造した高速機雷敷設艦、初号艦が進水式

【政治】 2020/08/05 19:29 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北中央社)台湾が自主建造した高速機雷敷設艦初号艦の進水式が4日、北東部・宜蘭県蘇澳であった。国防部(国防省)は計4隻を発注しており、同日は2号艦の竜骨設置式も併せて行われた。同部の予定通り、2021年までに全隻の引き渡しが完了する見通し。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます