山形市、台湾のWHO総会参加求める意見書を可決 台南の友好都市

【政治】 2020/07/07 14:21 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台南中央社)南部・台南市の友好都市、山形市の市議会が、台湾の世界保健機関(WHO)総会へのオブザーバー参加を求める意見書を可決したことが分かった。台南市政府が6日、報道資料で明らかにした。黄偉哲台南市長は、台湾が必要としている時に山形市が声を上げてくれたと述べ、都市外交の成果だと喜びを示した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます