域外学生受け入れ 教育相、夏休みの解禁目指す 今年度卒業生を優先/台湾

【政治】 2020/06/15 19:14 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北中央社)新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、台湾は中国や香港、マカオ籍の学生の入境を2月上旬から禁止している。これに対し、学生団体や大学の連合組織などからは、域外学生の入境解禁を求める声が上がっている。潘文忠教育部長(教育相)は14日、夏休み期間をめどに域外学生の受け入れを再開したい考えを示した。優先順位を付け、複数回に分けて受け入れる方針だとし、今年度の卒業生や感染リスクの低い国の学生が優先される可能性があると明らかにした。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます