台米日、コロナ偽情報対策でテレビ電話会議

【政治】 2020/04/30 13:29 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北中央社)台湾、米国、日本による「グローバル協力訓練枠組み」(GCTF)のワークショップが29日、テレビ電話会議による形式で実施された。新型コロナウイルスを巡る偽情報への取り組みについて話し合われ、外交部(外務省)の徐斯倹政務次長、ロバート・デストロ米国務次官補(民主主義・人権・労働担当)、日本の対台湾窓口機関、日本台湾交流協会台北事務所の泉裕泰代表(大使に相当)らが出席した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます