WHO「台湾と交流維持」 外交部が反論「参加申請の7割が認められず」

【政治】 2020/04/15 19:25 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北中央社)台湾有志が米紙に掲載した広告に対し、世界保健機関(WHO)が「台湾とは交流を維持している」と反論したのを受け、外交部(外務省)は15日、WHOが開く技術会議への参加申請のうち7割が認められなかったと明らかにした。同部は「WHOは中立を守って台湾を受け入れることはできない」と批判した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます