台湾のマスク実名制、4月9日から制限緩和 大人は14日間に9枚まで

【政治】 2020/03/30 18:25 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北中央社)中央感染症指揮センターは30日、マスクの生産量増加を受け、来月9日から実名制購入のルールを変更すると発表した。1人あたりの購入可能枚数を大人は14日ごとに9枚、子供は同10枚に増やし、国民健康保険カードのIDナンバーによる購入可能曜日制限は撤廃する。禁止してきたマスクの海外発送については、条件付きで解禁される。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます