エスワティニとパラグアイ、国交結ぶ台湾のために発言=WHO執行理事会

【政治】 2020/02/04 16:59 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(ブリュッセル中央社)新型コロナウイルスの脅威が世界的に拡大する中、スイス・ジュネーブで3日、世界保健機関(WHO)執行理事会が幕を開けた。同日の会議ではエスワティニ(旧スワジランド)とパラグアイがそれぞれ、外交関係を結ぶ中華民国(台湾)のために声を上げた。8日までの会期中、その他の国交国や理念の近い国が台湾支持の発言を行う見通し。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます